ミヤタプランニングオフィス|佐賀|注文住宅|設計事務所|新築|リフォーム|長期優良住宅|SE構法

 

フラット35中古住宅現況調査実例

 
 

6月5日 佐賀市城内 PM15:00~17:00 晴れ

6月5日 佐賀市城内 PM15:00~17:00 晴れ
 
和風平屋建ての建物です。外観から調査していきます。外壁や基礎などだけではなく、屋根瓦の状況なども目視できる範囲で確認していきます。そのため双眼鏡などを利用することもあります。
 
小屋裏空間も検査しますが、天井点検口から目視できる範囲に限られます。小屋裏部の木材を目視また触診し腐朽等や蟻害の有無を確認します。そのほか①雨漏り跡がないこと、②木部の接合部に著しい割れがないことなどもあわせて確認します。
 
屋内部分では給水設備や排水設備についても確認事項があります。給水設備では、①漏水がないこと、②赤水が出ないこと、③流量に不足がないことなど、排水設備では①漏水がないこと、②排水時の滞留がないことなどを確認します。
 

2/8 久留米市三瀦町田川 AM10:00~12:00 晴れ

2/8 久留米市三瀦町田川 AM10:00~12:00 晴れ
 
外壁や基礎が塗り直され、クラックなども補修されています。
 
水廻りの設備は新品になっていましたが、決められている通りに通水テストを行い赤サビ等を確認します。
 

1/17 久留米市津福今町 PM13:00~15:00 晴れ

1/17 久留米市津福今町 PM13:00~15:00 晴れ
 
洋風住宅での現況調査でした。
 
コーキングの破断が見受けられます。瑕疵保険を利用する場合は補修が必要になります。
 
 
バルコニー部では劣化が見られるようです。この状態では適合証明ができないのでその旨報告することになります。
 

1/17 八女郡広川町 AM10:00~12:00 晴れ

1/17 八女郡広川町 AM10:00~12:00 晴れ
 
ダンスホールがあるアーチ状のデザイン部分が特徴的な建物でした。
 
バルコニー直下が屋内でないため劣化事象等の確認は不要となります。インスペクションでは支持部材等を含め確認しますが、取り扱いが少しフラットは異なるようです。
 
外壁の亀裂も目立ちましたが、基礎にもクラックが入っていました。
補修が必要となります。クラックの幅と深さを確認します。
 

2016年

2016年
 

10/14 大川市 間

10/14 大川市 間
 
床の傾きを調べています。
各部屋間で正確に計測していきます。
 
壁や柱の傾きを調べています。
リフォームした物件でも、柱はそのまま使用することが多いため、
見た目はきれいでも意外と傾いたままの物件もあります。
 

9/27 大川市 榎津

9/27 大川市 榎津
 
くぐり戸的な出入口戸で、お尋ねしてみると
元々は店舗だった場所を改装して洋室にされていました。
 
表面だけではなく下地コンクリートまで亀裂があるようです。
表面を補修されていたようですが、再度クラックが発生したようです。
 
 
レーザーレベルを使って、床や壁の傾きを調べています。
各部屋の角を、ほとんどすべて測っていくため、
部屋が多い家ほど、調査箇所が増える検査項目です。
 

9/27 久留米市 城島町

9/27 久留米市 城島町
 
まずはじめに基礎・外壁など外周りのチェックを行っていきます。
フラットの検査では、接道長さなども確認します。
 
 
 
もともと基礎部分にクラックが入っていたようですが、
このように補修されていました。
 
通水検査を行っています。
設備が新しくなっていても、給水給湯管や排水管等は
変わっていないことも多いようです。
水廻りは必ず通水して、水圧や排水管の接続部の漏れ等を確認します。
 

9/16 久留米市 北野町

9/16 久留米市 北野町
 
リフォームされており、外周りでは
コーキングの破断やクラックなどは見受けられませんでした。
 
通水して赤水の検査なども行います。
複数箇所、洗面台やトイレがある場合は全て確認します。
 
排水口の点検のフタを開けてみるなど
接続部分も調べていきます。
 

9/13 三井郡 大刀洗町

9/13 三井郡 大刀洗町
 
すでにリフォーム済みの物件の検査でした。
壁やフローリングは新しくなっていますが、
柱などはそのまま利用しますので、
柱や床が傾いていないかをチェックしていきます。
 
クラックは長さだけでなく、深さも調べます。
クラックスケールやピアノ線などを用いて行います。
 
フラット35適合証明検査では、水漏れなども確認します。
今回のようにリフォームが終わっている物件も確認をしていきます。
 

8/31 鳥栖市 藤木

8/31 鳥栖市 藤木
 
コンクリートが亀裂しているようです。
部分的にはつって打設し直す必要があります。
 
通水して赤水の検査なども行います。
 
バリアフリー基準をクリアーしているか確認します。
部屋間だけでなく、水廻りやバルコニーの段差も確認します。
 

8/5 佐賀市 田代

8/5 佐賀市 田代
 
今回の適合証明対象物件はマンションです。
マンションは戸建てと違い、共用部分の検査も一部必要になってきます。
長期修繕計画や管理規約の有無なども確認していきます。
 
エントランスの一部です。
塗膜の部分的な劣化ですが、
建物には影響がないものでした。
 
床の段差の有無をチェックします。
S基準の低金利の適用の可否がバリアフリー基準を
クリアーしているかどうかで決まります。
 

8/1 小城市 三日月町

8/1 小城市 三日月町
 
 
戸建住宅の場合は通水して赤水の検査なども行います。
 
コーキングが破断しているためフラットの適合証明を受けるためには
補修が必要となります。
 

4/11 三養基郡 基山町

4/11 三養基郡 基山町
 
フラット35中古マンション
外観
現地調査ではバルコニーのある方位からの外観写真が必要になるなど写真をとる場所なども規定されています。
 
内部
専有部分についてはバリアフリー等の確認が必要となります。
↑↑会社の紹介動画こちら↑↑
qrcode.png
http://www.miyata-po.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社
ミヤタプランニングオフィス
一級建築士事務所
 
〒840-0804
佐賀県佐賀市
神野東1丁目1-8
TEL.0952-20-1518
FAX.0952-20-1517
■佐賀県木造住宅耐震診断登録建
 築士事務所
■日本木造住宅耐震補強事業者
 同組合会員
■一般社団法人木造住宅耐震普及
 協会佐賀支部
■SE構法登録施工店
■一般社団法人JBN会員
 
 
<<株式会社ミヤタプランニングオフィス>> 〒840-0804 佐賀県佐賀市神野東1丁目1-8 TEL:0952-20-1518 FAX:0952-20-1517