ミヤタプランニングオフィス|SE構法開発の経緯|設計事務所|新築|リフォーム|長期優良住宅|SE構法

 

SE構法開発の経緯

 
 
SE構法
SE構法は、大規模木造建造物といわれる「木造の大型建造物」の技術を住宅に導入した構法です。
この技術で建設した代表的な建物には、長野オリンピックのスケート会場にもなった大型ドーム「エムウェーブ」があります。
エムウェーブは、屋根の構造材に集成材を使った木造吊り屋根を導入した世界最大級のドーム。それまでの建築業界で常識だった「大型建造物は、鉄で造る」という考え方を打ち破り、構造材として集成材と鋼材を併用し、木材と鉄を組み合わせる合理的な構造システムを追求しました。
現在、大規模木造建造物の技術はさらに進化し、アリーナやドームなどの木造大型建造物が全国各地に建設されてます。
この接合金物の強度、接合ルールを明確にし、構造全体に加わる力に対してどこまで耐えることができるかを「構造計算」して、その品質を証明する構法が「SE構法」です。
↑↑会社の紹介動画こちら↑↑
qrcode.png
http://www.miyata-po.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社
ミヤタプランニングオフィス
一級建築士事務所
 
〒840-0804
佐賀県佐賀市
神野東1丁目1-8
TEL.0952-20-1518
FAX.0952-20-1517
 
 
<<株式会社ミヤタプランニングオフィス>> 〒840-0804 佐賀県佐賀市神野東1丁目1-8 TEL:0952-20-1518 FAX:0952-20-1517