ミヤタプランニングオフィス|木造住宅耐震診断|設計事務所|新築|リフォーム|長期優良住宅|SE構法

 

耐震診断の流れ

   
耐震診断とは既存の建築物で旧耐震基準で設計され耐震性能を保有していない建物を、現行の構造基準(耐震基準)で耐震性の有無を確認することです。具体的には地盤や壁の強さ、壁の配置、劣化度などを調査するものです。
 
 
   
【耐震診断の内容】
 
耐震診断は、まず予備調査により、建築物の概要や使用履歴、増改築、経年劣化、設計図書の有無等の内容を確認します。 また、現場調査の結果に基づいて構造の耐震性の検討・評価を行い、耐震診断の実施後は御依頼に応じて耐震補強案及び概算工事費等もご提案致します。
   
 
【耐震診断の流れ】
 
Step1:地盤・基礎の調査
 
①地盤崩壊など地盤災害の可能性の有無を判断するために建物周辺の地形・地盤の調査を行います。
②基礎仕様を判別するために、基礎形状、鉄筋の有無、クラックなどに注目して調査します。
 
※調査項目:地盤…造成地/崖/危険な護岸/危険な擁壁
      基礎…断面形状/寸法/フーチングの有無/鉄筋の有無/ひび割れ/断面欠損
 
 
Step2:間取りの確認
 
① 設計図面がある場合
  設計図面通りに間取りや開口部が配置されているのか、内壁の材質は何であるかの確認をします。
② 設計図面がない場合
  開口部や間取りを図面に起こし、内壁の材質等を確認します。
 
※調査項目:部屋の間取り/開口部位置/内壁仕上材料/内壁のクラック・雨漏り跡
 
 
Step3:外壁の調査
 
外壁の劣化の有無を調べます。
 
※調査項目:外壁劣化/外壁仕上材料
 
 
Step4:屋根裏の調査
 
雨漏り跡の有無・筋交いの留め方・サイズ等を確認します。
適切な金物が留められているのかも含めて確認します。
 
※調査項目:雨漏り有無/筋交い位置/接合部金物等
 
 
Step5:床下の調査
 
床下に入り、基礎の状況等調査します。
その他土台や柱の接合部の状態やシロアリ被害の有無を調べます。
 
※調査項目:シロアリ被害状況/基礎の鉄筋を調査
 
 
Step6:耐震診断の結果報告
 
耐震診断の調査内容をまとめた、耐震診断結果報告書を後日お届けし、診断結果についてご報告いたします。
 
※補強案等の作成についてはお気軽にご相談下さい。
   
 TEL:0952-34-4323      FAX:0952-32-4522
↑↑会社の紹介動画こちら↑↑
qrcode.png
http://www.miyata-po.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社
ミヤタプランニングオフィス
一級建築士事務所
 
〒840-0804
佐賀県佐賀市
神野東1丁目1-8
TEL.0952-20-1518
FAX.0952-20-1517
■佐賀県木造住宅耐震診断登録建
 築士事務所
■日本木造住宅耐震補強事業者
 同組合会員
■一般社団法人木造住宅耐震普及
 協会佐賀支部
■SE構法登録施工店
■一般社団法人JBN会員
 
 
<<株式会社ミヤタプランニングオフィス>> 〒840-0804 佐賀県佐賀市神野東1丁目1-8 TEL:0952-20-1518 FAX:0952-20-1517