ミヤタプランニングオフィス|木造住宅耐震診断|設計事務所|新築|リフォーム|長期優良住宅|SE構法

 
 

木造住宅の耐震診断承ります

木造住宅の耐震診断承ります
 
診断の実務
台風・竜巻・地震・集中豪雨など自然災害のニュースを聞かない日はありません。住むところがあるということはまず安全安心できる生活の基本的条件です。特に地震については南海トラフが騒がれていますが、最近は熊本・鳥取など予期しないところで起こっているため、これからは日本全国dこでも対策しておくことが必要だといわれはじめています。
被災して持家に住めなくなると肉体的にはもちろんのこと精神的にも辛くなることが想像できます。
仮に自宅が被災しても近くの貸家やアパートなどの賃貸物件があるという考えは、自分の家が被害を受けるくらいの災害であれば、収益性を優先して作られている建物ほど何らかの損傷を受けていることが考えられ、まともに住める賃貸物件さえどのくらい残っているのか分かりません。
 
地震で建物が損傷すれば、一般的に構造部分にも手を入れないといけなくなるため、補修費も想定外に高くなることが考えられます。そのため、新たに住宅ローンを組んだり、場合によっては二重に住宅ローンを組まなければならないこともでてきます。
 
約10年以上前に起こった耐震偽装問題でも何が大変だったのかというと、住むところを補強したり、別の家に住み替えなければならなくなって、住宅を購入した方がローンを二重に組まなければならなくなったことです。
 
 
また、一般的に地震保険は保険料が高いため、火災保険費は入っても地震保険特約はつけていない方が多いと思われます。佐賀県では今後数年間一定の条件はありますが、耐震診断等に補助金制度がもうけられることになったため、ぜひ一度診断されることをお勧めしています。
地震
   
 
ところで住宅等においては、地震力と風圧力は双方を検討して壁の耐力計算を行っているように、耐震性を高めることは建物を補強することなので間接的には九州で多い“台風”や“竜巻”にも強くなることを意味します。
ただ、耐風性は“風圧力”といって建物に対する負荷のかかり方が地震とは異なるため、屋根や開口部など別の部分で検討することも必要となります。
 
佐賀では関東や東海地方ほど必要性が感じられにくいのかも知れませんが、隣県福岡では福岡西方沖地震以降、行政が内陸部での地震発生に備えて力を入れて耐震補強がすすめられています。
隣県が震源地となるのであれば、佐賀は軟弱地盤でもあるため全く関係ないとも言い切れません。
 
若干費用がかかっても事前に補強工事を行うことで、たとえ自然災害が襲ってきても不安にならないで住めるという心理的な安心感を得ることができます。
極論すればある意味命にかかわることなのでお金に代えられないことともいえます。
どういう工事が必要でどの程度の費用がかかるのかなども耐震診断を受けることで明確になります。
耐震診断したからといって、必ずしもすぐ何か“耐震補強”なればならないものではありません。
数年かけて改修するのか、最小限の補修をするか、何年か待って新築するのかなど将来計画を立てる材料になります。補助金制度を利用できるときに耐震診断を受けてみませんか?
お気軽にお問い合わせ下さい。
 
 
パンフレット
ご興味のある方は、「無料カタログ請求」こちらからお申込み下さい。
 
 
↑↑会社の紹介動画こちら↑↑
qrcode.png
http://www.miyata-po.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社
ミヤタプランニングオフィス
一級建築士事務所
 
〒840-0804
佐賀県佐賀市
神野東1丁目1-8
TEL.0952-20-1518
FAX.0952-20-1517
■佐賀県木造住宅耐震診断登録建
 築士事務所
■日本木造住宅耐震補強事業者
 同組合会員
■一般社団法人木造住宅耐震普及
 協会佐賀支部
■SE構法登録施工店
■一般社団法人JBN会員
 
 
<<株式会社ミヤタプランニングオフィス>> 〒840-0804 佐賀県佐賀市神野東1丁目1-8 TEL:0952-20-1518 FAX:0952-20-1517