ミヤタプランニングオフィス|SE構法を支える3つの強度技術|設計事務所|新築|リフォーム|SE構法

 
 
 
3つの強度技術
構造部材として強靭な集成材を使用(ヤング係数がE120以上)
SE構法の集成材は、圧縮、引っ張り、曲げ、せん断等において、ムク材の1.3倍の強度を誇っています。また乾燥した板材のみを使用するため、反りや割裂がなく、狂いも少なくなっています。
 
接合部1ヶ所あたり13tという、高い強度を持つ独自のSE金物を使用
SE構法のすべての接合部は独自開発によるハードジョイントにより構成しています。構造用集成材の特性をより引き出すために、オリジナルリングで締め、ドリフトピンを挿入することで梁を引き寄せ柱と密着させています。この独自設計により他の金物では実現できなかった接合部の強度を実現させています。
 
立体解析による構造計算で耐震工法を実現!
SE構法は、木造住宅においても、大規模建築と同様の応力解析による構造計算を実施しています。独自のCADソフトを開発し、CADと連動した立体応力解析で、あらゆる安全性を点検。もちろん様々なデータをもとに、コンピュータ上で、台風、地震、積雪などの自然災害についてもシミュレーションし、その安全性を確認しています。
↑↑会社の紹介動画こちら↑↑
qrcode.png
http://www.miyata-po.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社
ミヤタプランニングオフィス
一級建築士事務所
 
〒840-0804
佐賀県佐賀市
神野東1丁目1-8
TEL.0952-20-1518
FAX.0952-20-1517
■佐賀県木造住宅耐震診断登録建
 築士事務所
■日本木造住宅耐震補強事業者
 同組合会員
■一般社団法人木造住宅耐震普及
 協会佐賀支部
■SE構法登録施工店
■一般社団法人JBN会員
 
 
<<株式会社ミヤタプランニングオフィス>> 〒840-0804 佐賀県佐賀市神野東1丁目1-8 TEL:0952-20-1518 FAX:0952-20-1517