ミヤタプランニングオフィス|家づくりの鉄則|佐賀|注文住宅|設計事務所|新築|リフォーム|SE構法

 

住まいづくり法則

 

住まいづくりの法則(スターの法則)

住まいづくりの法則(スターの法則)
 

住まいづくりの王道は、将来計画をもとに総合的に全体最適で計画することです。

多岐にわたる5分野の専門的視点からベストなご提案をお約束します。

 

住宅につきものの5つの問題とは?

住宅につきものの5つの問題とは?
 

家づくりのはじめ(不動産探し)からアフターメンテナンスまですべてに携って、みえてきたことがあります。

住宅をとりまくさまざまな問題は、大きく次の5つの問題に集約されるということです。そのため、現在“5アプローチ”という独自のフレームワークにもとづき企画・提案しています。5つの問題とは以下のものです。

   
1.不動産価値の問題
家の資産価値
新築して入居したとたん家の資産価値は下がることになります。車と同じです。車は3年もすれば半分の値段になるといわれますが、住宅の場合は金額も大きいため生活に与える影響が大きく素直に納得しづらいものがあります。
佐賀県内の不動産業界での木造住宅の評価は坪当たりに換算しますと現在は約45万円です。これは財団法人不動産流通近代化センターの「木造戸建住宅価格査定マニュアル」に基づくもので、一般的にこれに準拠して査定が行われています。
当然住める状態での評価なので、「照明器具」「カーテン」「浄化槽」「門・塀・車庫などの外構」まで含んだ評価です。いかに新築の価格と不動産としての価値(取引される実勢価格)とのあいだに開きがあるかお分かりいただけることと思います。
 
2. 住宅ローンの問題(返済不能)
住宅ローンの問題

住宅では、病気、倒産、離婚、転職、保証かぶれ、事業の失敗等さまざまな事情で住宅ローンが滞り住宅を手放さざるを得なくなる事例がよくあります。
リスクヘッジを考えると「賃貸物件にできる」「転売できる」の2つの条件をみたすことが必要です。これについてはオリジナルの小冊子「『財産になる住宅と負債になる住宅』そのちがいとは?」に詳しく書いています。

   
3. 設計上の問題(デザイン優先の風潮が招く問題)
現場を知らない設計士のデザインが問題で雨漏りやさまざまな不具合が発生している例をよく聞きます。その責任はすべて施工の問題だとして工事会社に押しつけ自分を当事者の外において施主に話す設計士ばかりです。一部の心ある施工業者や下請業者は、お客様の知らないところで泣いています。
他方では、お客様の言葉にほんろうされ注文住宅とは名ばかりの“はりぼて住宅”が数多く建っています。建材メーカーのカタログ上の部材を寄せ集めただけの美意識とオリジナリティーのない工務店の住宅にも幻滅してしまいます。
 
 
4. 施工上の問題(現場管理できない現場担当者)
みせかけの外観デザインだけでディティールをまともに考えない、レベルの低い現場管理がなされている工務店の住宅も数多くみうけます。しかもいまだに協力業者に仕事を発注するかわりに個人的にバックマージンをとっている現場担当者がいると聞きます。
 
   
5. インテリアの問題(家具が不似合いなインテリア)
インテリア問題
イタリアのブランド家具、量販店の家具、手作りオーダー家具など、今はネットで注文すれば数日後には届く時代です。雑誌でみていいと思った家具を買っても家自体のインテリアの質が貧しかったら思うような空間にはなりません。雑誌の背景になるインテリアは、倉庫のロフトのようになんとなく安っぽくつくられているような感じがしても、細かい部分で実はよく考えられています。ペイントされたラフな床一つにしても窓枠・照明・カーテン・壁の質感などが上手にまとめられています。だから美しいのです。塩ビ建材を組み合わせただけの住宅ではたとえ色をそろえていたとしても、質の高い満足のいくインテリアにはなりません。
↑↑会社の紹介動画こちら↑↑
qrcode.png
http://www.miyata-po.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社
ミヤタプランニングオフィス
一級建築士事務所
 
〒840-0804
佐賀県佐賀市
神野東1丁目1-8
TEL.0952-20-1518
FAX.0952-20-1517
 
 
<<株式会社ミヤタプランニングオフィス>> 〒840-0804 佐賀県佐賀市神野東1丁目1-8 TEL:0952-20-1518 FAX:0952-20-1517